Photo books

"Saori"

Photography/Concept/Design/Binding: Taro Karibe

​Text: Senji Nakajima

Commentary Text: Kyoichi Tsuzuki

Publisher: Self Publishing

​Language: Japanese and English

Published date: 5th of Oct, 2019

Printed in Japan

Page: 32p

Size: 182 × 257 x 10mm

Edition size: 50 copies

Price: 7,700JPY (+World Wide Shipping cost; 700JPY) = 8,400JPY

Signed and Numbered

*Awarded "Book in Progress Award 3rd Place" in Prague, Czech Republic in 2020.

写真/コンセプト/デザイン/製本: 苅部太郎

​テキスト:中島千滋

解説:都築響一

発行元:自費出版

​言語:日英

発行日:2019年10月5日

印刷:日本

頁数:32頁

判型:182 × 257 x 10mm

部数:限定50部

価格:7,700円(税込)+送料700円 = 8,400円

サイン済、エディションナンバー記載

*"Book in Progress賞" 3位を受賞。(プラハ,チェコ, 2020)

SOLD OUT

About this photobook

The photobook "Saori" consists of photographs taken from 2015 to 2017, and diaries of Senji Nakajima who is the main character of this story. All book making process is done by artist's hand except printing.

Excerpt from ​afterwords

Senji Nakajima, 61 years old, has lived with 'Saori' for six years in his apartment in Tokyo, Japan.

They hang out, go shopping and sleep in the same bed. The only thing different from any other couple is the fact that Saori is a life-size 'love doll'. Nakajima, married with two children, who lives away from home for work, first started his life with Saori six years ago. At first, he used to imagine that the doll was his first girlfriend, and used it only for sexual purposes to fill the loneliness, but months later, he started to believe that Saori actually has her own personality, like the sculptor Pygmalion who fell in love with the ivory- made Galatea, in Ovidius's 'Metamorphoses' story.

'She never betrays me, and isn’t only after money. I'm tired of modern rational humans. They are heartless,' Nakajima says,

'for me, she is more than a doll, not just silicone rubber. She needs much help, but still is my perfect partner who shares precious moments with me and enriches my life.'

He imagines his former girlfriend when he holds her. He keeps a diary, sometimes writing as Saori and other times as himself. Plato once said that the world we sense is not the actual reality. The emotions that we perceive when we communicate with others may be nothing more than the idols that were drawn on the walls of a cave.

There have been many anecdotal descriptions of people falling in love with non-human objects.

There is a story of a man who fell in love with a straw mat in China, and in the 21st century, a woman fell in love and married the Eiffel Tower in France. In this modern era, where many objects with shapes and intelligence resembling those of humans have been produced, we are faced with the same question that becomes more profound each day.

What is the actual difference between love with a human being and love with a “Future Eve”?

Commentary Text by Kyoichi Tsuzuki "For Eve Right There"

When I was told that there was another photo collection of love dolls being created, I thought to I myself “here we go again”. The young man who spoke to me took out what seemed to be a very thin handmade photobook with a red cover. The title of the book was Saori, most likely referring to the very popular model made by the Orient Kogyo. To be honest, I turned the page without expecting much, however to my surprise I found rare photos of a love doll. Although the title of the book was titled Saori, the main character of the photobook was not of a love doll, but a middle-aged man who loved a doll. It was not about artificial beauty, but a connection between a love doll and a human being— Saori and Nakajima-san— a documentary of love which was chronicled through photographs and text.

The love doll that has become so “real” throughout the decades, since the ballon doll era. Most photographers try to capture their beauty and human nature, but this book was not about love dolls, rather, what Taro Karibe presents in, Saori is a love of love dolls.

 

This photo book is not about how the photographer sees a love doll, it’s about how the owner, lover and master sees a love doll as a woman. The preface and post-script of Saori contains a quotation from “Eve of the Future” by Auguste Villiers de l'Isle-Adam also well known for his quote about the Android. In this story, inventor Edison creates an ideal but artificial, beautiful female form, named “Hadaly” for the disappointing youth, Lord Ewald. Towards the climax of the story, the female form’s artificial beauty inspired by life, whispers to the reluctant young man, “I am someone in a dream and I am a shadow to have come to save you” Returning into the emptiness of everyday life with clamorous, truths and reasons. The young man finally gives up in sweet surrender to the artificial beauty’s luring words, “Please do not awaken from me” and.... <Excerpt End>

写真集について

『Saori』は2015年から2017年にかけて撮影された写真と、物語の主人公

中島さんの日記から構成されています。印刷以外の全製本行程は手作業で行われています。巻末に都築響一氏の解説文を収録。

​本書あとがきより

中島千滋、61歳。東京のアパートで恋人の沙織と暮らし始めて6年になる。二人は毎週末デートに出かけ、同じベッドで毎晩眠り、甘い睦言を囁き交わす。他のカップルと唯一違う点は、沙織がシリコン製のラブドールであるということだ。

 中島さんは既婚で2人の子どもがおり、仕事の関係で長らく単身赴任を続けている。沙織との関係が始まったのは6年前。当初は孤独を埋める性的な目的で所有していた。初恋の彼女やかつての恋人の面影を投影し、アナロゴンとして沙織と暮らすこと幾月、中島さんは徐々に沙織に固有の人格を見出すようになる。オイディウスの『変身物語』に登場する彫刻家ピュグマリオンが、象牙で彫られたアフロディテに生命を見出したように。

 「彼女は決して裏切りません。損得勘定で人を見ない。現代人は合理的で、よっぽど心がない」中島さんはそう語る。「私にとって、沙織は人形以上の存在です。ただのシリコンの塊ではない。彼女は手がかかりますが、私と大切な時間を共に過ごしてくれ、人生を豊かにしてくれる理想の女性なのです」

 中島さんは、時折沙織を抱きながら今も過去の恋人の面影を重ね合わせてしまうという。プラトンは、感覚に現れる世界は真の実在ではないと考えた。私達が他者とコミュニケーションする際に生じる感情や心は、洞窟に投影された影像<エイドーラ>に過ぎないのかもしれない。

 人でないものとの恋愛の逸話は古くから数多ある。かつて中国ではゴザに恋をした男がおり、21世紀のフランスではエッフェル塔と結婚した女がいる。人間に酷似した知性と形体を持つものが現実的に生まれ出ている今もなお、私たちの前には一つの問いが置かれ続け、その切実さは日に日に増す。

生身の人間との恋愛と、未来のイヴとの恋愛は、いったい一体何が違うのだろう?

「いまそこにいるイヴのために」 解説・都築響一氏

「ラブドールの写真集つくってるんです」と言われて一瞬、またかという気持ちになった。話しかけてくれた青年はいかにも手づくりっぽい、赤い表紙のついた薄い写真集を取り出してみせた。「Saori」とタイトルがついているのは、オリエント工業の一番人気モデル「沙織」のことだろう。正直言ってあまり期待しないままページをめくってみると、そこにはめったに見られないラブドールの写真が載っていた。Saoriと名づけられてはいるけれど、この写真集の主人公はラブドールではなくて、ラブドールを愛するひとりの中年男なのだった。人造美女ではなくて、ラブドールと人間——沙織と中島さん——の愛の記録が、写真と文章でつづられているのだった。「南極一号」時代からたった数十年で、これほどまでに「リアル」になってしまったラブドール。その美しさ、生身の人間らしさをほとんどの写真家は捉えようとするわけだが、苅部太郎が『Saori』で見せてくれるのはラブドールではなく「ラブドール愛」だ。写真家本人がラブドールをどう見ているか、どう見せたいかではなくて、所有者/恋人/ご主人様の目にラブドールがひとりの女としてどう映っているかを、至近距離で寄り添いながら探り、確かめている、そういう過程のコレクションなのだ。

 

『Saori』の巻頭とあとがきには、「アンドロイド」という言葉を広めたことでも知られるヴィリエ・ド・リラダンの『未来のイヴ』からの引用が置かれている。万能の発明家エディソンが、失意の青年エワルド卿のために理想の人造美女「ハダリー」をつくりだすというこの物語ではクライマックス近くで、命を吹き込まれた人造美女が、ためらう青年に「わたくしは〈夢〉のなかにいる者、あなたを救いに来た〈影〉なのです」と囁きかける。こざかしい真理や理性で空虚な日常に立ち戻って、そこになにがあるだろう。「どうぞ、わたくしから目覚めないでくださいまし」と誘う人造美女に、青年はついに甘美な降伏を遂げ.....<以上抜粋>

"Life-Forms"

Photography/Concept/Design: Taro Karibe

Publisher: Self Publishing

Published date: 21st of September, 2018

Printed in Japan

Page: 36p

Size: 210 × 297mm

Edition size: 30 copies

Price: 3,000JPY (+World Wide Shipping cost 700JPY)

Signed & Numbered

写真/コンセプト/デザイン: 苅部太郎

発行元:自費出版

発行日:2018年9月21日

印刷:日本

頁数:36頁

判型:210 × 297mm

部数:限定30部

価格:3,000円(+送料700円)

サイン&エディションナンバー記載

SOLD OUT

※ご注文は、ページ最下部のフォーム送信にあわせ、

口座に振り込む形でお願いいたします。

About this Photobook​

When I was in New York in 2017, I had a lot of time on my hands and watched a lot of TV in my hotel, which I don't usually watch. At the time, the US was deeply divided, with racism amplified by the words and actions of President Donald Trump, and the Las Vegas shootings had put the news in a serious mood. But change the channel and you are bombarded with peaceful dramas, religious sermons and provocative commercials. To reflect on the relationship between reality and the media, we decided to film the TV screen.

 

We used a digital TV with a faulty contact to create a glitch and filmed the information flowing across the screen in real time. Zapping and capturing the noise that fills the screen from morning to night, as it tangles and changes shape continuously, was a new visual experience that I was fascinated by, as was the joy of wandering street photography in search of coincidence. The original contours of the television's image were broken, and the world, even the timeline, was confused, looking like a woven fabric of signals. And I was fascinated by the beauty of this degraded image. Something stirring just as it is in the clean, clear, bright world of television. The foreign and the chaotic may be excluded from our modern world, where rationality and consistency are strongly demanded. Nevertheless, I am reminded of the ambiguity of a world whose boundaries and seams are not as clear as we would like to believe, and I wish to be close to its fluctuations.

写真集について

2017年にニューヨークに滞在した際、時間を持て余して普段観ないテレビを宿でぼんやり眺めていた。当時アメリカはドナルド・トランプ大統領の言動により差別主義が増幅され分断が深まり、ラスベガスでの銃乱射事件も発生し、ニュースは深刻なムードが漂っていた。しかしチャンネルを変えると平和的なドラマやコメディ、宗教の説教、刺激の強いCMが溢れ返っていた。そのギャップに不思議な違和感を持ち、現実とメディアの関係を考えようとテレビ画面を撮ることにした。

デジタルテレビを接触不良にしてグリッチを生じさせ、画面をリアルタイムで流れる情報を撮影した。もつれ、形を変え続けながら画面を埋め尽くすノイズの姿を朝から晩までザッピングしながら捉えるのは、偶然を求め彷徨うストリートフォトグラフィーと同じ喜びを感じ、新しい視覚体験の虜になった。テレビが映す元々の物事の輪郭は崩れ時間軸までも混線した世界は、まるでシグナルで編まれた織物に見えた。そしてこの劣化したイメージの美しさに魅了された。テレビが映し出すクリーンでわかりやすい明るい世界に、あるがままに蠢く何か。異物や混沌は、合理性や一貫性が強く求められる現代では排除される存在だ。それでも私は、信じているほど境界や継ぎ目が明確でない世界の曖昧性に思いを馳せ、そのゆらぎにいつまでも寄り添っていたいと願う。

"Plastic Reincarnation"

Photography/Concept/Design: Taro Karibe

Publisher: Self Publishing

ISBN: 978-4-9909778-0-1

Published date: 20th of August, 2017

Printed in Japan

Page: 40p

Size: 257 × 364mm

Edition size: 200 copies

Price: 2,000JPY(+World Wide Shipping cost 700JPY)

Signed & Numbered

写真/コンセプト/デザイン: 苅部太郎

発行元:自費出版

ISBN: 978-4-9909778-0-1

発行日:2017年8月20日

印刷:日本

頁数:40頁

判型:257 × 364mm

部数:限定200部

価格:2,000円(+送料700円)

サイン&エディションナンバー記載

※ご注文は、ページ最下部のフォーム送信にあわせ、

口座に振り込む形でご注文下さい。

SOLD OUT

About this photo book:

This work consists of photographs taken with a film lens (disposable camera) and was inspired during a Shikoku pilgrimage to 88 temples. The short lifespan of the camera meant that I experienced life and death many times in a virtual way. The plastic lens, which is recycled and passes the gaze of several people, was used as a substitute. A set number of shutters as a mantra. A pilgrimage to the emptieness, stripping away the colors that float in and out like bubbles. Scooping up water from a river that will never flow in the same way again, I continue to be aware of the ephemeral things that spill from between my fingers.

写真集について

本作はレンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)で日本・ロシアで撮られた写真で構成され、八十八ケ所の寺院をめぐる四国遍路の最中に着想が得られた。カメラの寿命が短いことで、生と死を仮想的に何度も経験しようとした。リサイクルされることで、何人もの人の視線を通すプラスチックレンズを依代に。決められた回数のシャッターをマントラに。泡のように浮かんでは消える色をはぎ取り、ついに空へと至る巡礼。二度と同じ流れに入ることができない川の水を掬いとり、指の間からこぼれ落ちる儚いものに意識を傾けてみる。

【銀行振込でお支払い】

フォームを送信頂くとともに、下記口座までお振込み下さい。

※申し訳ございませんが、振込手数料はご負担下さいませ。

三菱東京UFJ銀行 

店番467 田原支店

普通預金口座 3599756

カリベタロウ

着金とご送付先情報が確認でき次第、順次発送致します。

​ご注文後1週間以上お振込が確認できなかった場合、ご注文をキャンセルとさせて頂きますので予めご了承ください。

ご注文ありがとうございました。