After-shocks  (2016)

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black
  • Instagram Basic Black

2016年4月14・16日に熊本地震(震度7)が発生しました。報道写真家として前震の直後に震源地の益城町に入り、本震が発生した後にも渡って撮影を続け、写真はGetty Images News Serviceから配信されました。

自然災害を現場で直接目撃・記録し、マスメディアを通じて伝達した実体験から、自然の脅威を前にした人と社会の有り様を垣間見たとともに、報道やメディアに関する問題に向き合わされました。

外部者としての役割、当事者の経験にどう寄り添えるのか、惨事のスペクタクル化、政治的演出、覗き見と噂の疚しさ、安全を保証された遠隔地で報道を目にする人間が抱く感情、語られるものと語られなかったもの。これらの問いについて、今も考えています。

On 14th and 16th of April, 2016, severe twin earth quakes jolted Kumamoto, Kyushu island, Japan.

After the magnitude 6.5 fore-shock, magnitude 7.3 main shock struck the area.

The series of earth quake killed at least 48 people, injured over 3,000 people and over 1,000 houses are destructed by the shake, fire and massive land slides.

As of 7th of May, over 1,300 times after shocks had been striking the area. It makes local people stay outside to evacuate from collapsing buildings and land slides.

 

© 2021 Taro Karibe All rights reserved.