top of page

Solo Exhibition 'Electric Cavemen' at HECTARE, Tokyo, Japan


この度HECTAREでは、アーティスト/写真家・苅部太郎による個展「Electric Caveman」を開催いたします。


苅部氏は、AIを搭載したソフトを用いて風景写真の自動認識システムを騙し、何億枚と学習したAIを混乱させる事で奇妙な遠近感や色彩を持つイメージを生成させます。歪みや崩れかかったような不安定なイメージと、沁み入るように沈着した色彩が美しくも魅惑的に混在しています。


 写真は発明された時「記憶を持った鏡」と称されました。文明や技術の進化に伴い、現代では我々人間の記憶や記録は物質ではなく、データとして保存することが当たり前になってきています。AIのシステムもまた、人々の生活の中に侵食してきており、必要不可欠な存在になりつつあります。現代の最前衛であるAIを駆使して表現する苅部氏の写真は「人間とデジタルの境目を映した鏡」なのではないでしょうか。


 そしてこのAIを搭載したソフトは、常にアップデートされ精度が上がり続けています。それによって「徐々にAIのエゴやバイアスが強くなってきている」と苅部氏は言います。最新の技術を用い、認知心理学や古代哲学を組み込む苅部氏の作品群は、我々に未だかつてない新たな視点を与えてくれます。


 本展では、最新作品集「あの海に見える岩に、弓を射よ」も併せて発表、発売いたします。(ハードカバー/128頁)


皆様のお越しを、心よりお待ちしております。


_____

苅部 太郎 /Taro Karibe @tarokaribe

「Electric Caveman」

2023.9.22(fri)ー10.14(sat)

13:00ー19:00 /closed on Monday, Tuesday


HECTARE

東京都渋谷区神山町40-2 1F

댓글


bottom of page