Photo books

"Saori"

Photography/Concept/Design/Binding: Taro Karibe

​Text: Senji Nakajima

Commentary Text: Kyoichi Tsuzuki

Publisher: Self Publishing

​Language: Japanese and English

Published date: 5th of Oct, 2019

Printed in Japan

Page: 32p

Size: 182 × 257 x 10mm

Edition size: 50 copies

Price: 7,700JPY (+World Wide Shipping cost; 700JPY) = 8,400JPY

Signed and Numbered

写真/コンセプト/デザイン/製本: 苅部太郎

​テキスト:中島千滋

解説:都築響一

発行元:自費出版

​言語:日英

発行日:2019年10月5日

印刷:日本

頁数:32頁

判型:182 × 257 x 10mm

部数:限定50部

価格:7,700円(税込)+送料700円 = 8,400円

サイン済、エディションナンバー記載

【Order by Paypal / ペイパルでご注文

About this photobook

The photobook "Saori" consists of photographs taken from 2015 to 2017, and diaries of Senji Nakajima who is the main character of this story. All book making process is done by artist's hand except printing.

Excerpt from ​afterwords

Senji Nakajima, 61 years old, has lived with 'Saori' for six years in his apartment in Tokyo, Japan.

They hang out, go shopping and sleep in the same bed. The only thing different from any other couple is the fact that Saori is a life-size 'love doll'. Nakajima, married with two children, who lives away from home for work, first started his life with Saori six years ago. At first, he used to imagine that the doll was his first girlfriend, and used it only for sexual purposes to fill the loneliness, but months later, he started to believe that Saori actually has her own personality, like the sculptor Pygmalion who fell in love with the ivory- made Galatea, in Ovidius's 'Metamorphoses' story.

'She never betrays me, and isn’t only after money. I'm tired of modern rational humans. They are heartless,' Nakajima says,

'for me, she is more than a doll, not just silicone rubber. She needs much help, but still is my perfect partner who shares precious moments with me and enriches my life.'

He imagines his former girlfriend when he holds her. He keeps a diary, sometimes writing as Saori and other times as himself. Plato once said that the world we sense is not the actual reality. The emotions that we perceive when we communicate with others may be nothing more than the idols that were drawn on the walls of a cave.

There have been many anecdotal descriptions of people falling in love with non-human objects.

There is a story of a man who fell in love with a straw mat in China, and in the 21st century, a woman fell in love and married the Eiffel Tower in France. In this modern era, where many objects with shapes and intelligence resembling those of humans have been produced, we are faced with the same question that becomes more profound each day.

What is the actual difference between love with a human being and love with a “Future Eve”?

Commentary Text by Kyoichi Tsuzuki "For Eve Right There"

When I was told that there was another photo collection of love dolls being created, I thought to I myself “here we go again”. The young man who spoke to me took out what seemed to be a very thin handmade photobook with a red cover. The title of the book was Saori, most likely referring to the very popular model made by the Orient Kogyo. To be honest, I turned the page without expecting much, however to my surprise I found rare photos of a love doll. Although the title of the book was titled Saori, the main character of the photobook was not of a love doll, but a middle-aged man who loved a doll. It was not about artificial beauty, but a connection between a love doll and a human being— Saori and Nakajima-san— a documentary of love which was chronicled through photographs and text.

The love doll that has become so “real” throughout the decades, since the ballon doll era. Most photographers try to capture their beauty and human nature, but this book was not about love dolls, rather, what Taro Karibe presents in, Saori is a love of love dolls.

 

This photo book is not about how the photographer sees a love doll, it’s about how the owner, lover and master sees a love doll as a woman. The preface and post-script of Saori contains a quotation from “Eve of the Future” by Auguste Villiers de l'Isle-Adam also well known for his quote about the Android. In this story, inventor Edison creates an ideal but artificial, beautiful female form, named “Hadaly” for the disappointing youth, Lord Ewald. Towards the climax of the story, the female form’s artificial beauty inspired by life, whispers to the reluctant young man, “I am someone in a dream and I am a shadow to have come to save you” Returning into the emptiness of everyday life with clamorous, truths and reasons. The young man finally gives up in sweet surrender to the artificial beauty’s luring words, “Please do not awaken from me”. Nakajima-san notes “She never betrays me, and isn’t only after my money. For me she is more than a doll, she is not just silicon rubber. She may need some help, but she is my perfect partner who shares precious moments with me and enriches my life.” For Nakajima-san, the love doll is already the “current Eve” who has surpassed the machine for single people. But of course, the surrounding people do not see it as such. In opposition to society’s “sense of decency” middle-aged perverted guy who has a family, but lives with a love doll—not being accepted in any category of sexual minorities such as the LGBTQ— Nakajima-san lives a life with an ideal female form made of silicon The gaze of the camera gently enter into the “non-awakening beautiful dream” and quietly snuggles up. Karine’s Saori is a compassionate documentary.

銀行振込をご希望の方は、ページ最下部のフォーム送信にあわせ、

口座に振り込む形でご注文下さい。

写真集について

『Saori』は2015年から2017年にかけて撮影された写真と、物語の主人公

中島さんの日記から構成されています。印刷以外の全製本行程は手作業で行われています。巻末に都築響一氏の解説文を収録。

本書あとがきより

中島千滋、61歳。東京のアパートで恋人の沙織と暮らし始めて6年になる。二人は毎週末デートに出かけ、同じベッドで毎晩眠り、甘い睦言を囁き交わす。他のカップルと唯一違う点は、沙織がシリコン製のラブドールであるということだ。

 中島さんは既婚で2人の子どもがおり、仕事の関係で長らく単身赴任を続けている。沙織との関係が始まったのは6年前。当初は孤独を埋める性的な目的で所有していた。初恋の彼女やかつての恋人の面影を投影し、アナロゴンとして沙織と暮らすこと幾月、中島さんは徐々に沙織に固有の人格を見出すようになる。オイディウスの『変身物語』に登場する彫刻家ピュグマリオンが、象牙で彫られたアフロディテに生命を見出したように。

 「彼女は決して裏切りません。損得勘定で人を見ない。現代人は合理的で、よっぽど心がない」中島さんはそう語る。「私にとって、沙織は人形以上の存在です。ただのシリコンの塊ではない。彼女は手がかかりますが、私と大切な時間を共に過ごしてくれ、人生を豊かにしてくれる理想の女性なのです」

 中島さんは、時折沙織を抱きながら今も過去の恋人の面影を重ね合わせてしまうという。プラトンは、感覚に現れる世界は真の実在ではないと考えた。私達が他者とコミュニケーションする際に生じる感情や心は、洞窟に投影された影像<エイドーラ>に過ぎないのかもしれない。

 人でないものとの恋愛の逸話は古くから数多ある。かつて中国ではゴザに恋をした男がおり、21世紀のフランスではエッフェル塔と結婚した女がいる。人間に酷似した知性と形体を持つものが現実的に生まれ出ている今もなお、私たちの前には一つの問いが置かれ続け、その切実さは日に日に増す。

生身の人間との恋愛と、未来のイヴとの恋愛は、本質的に一体何が違うのだろう?

「いまそこにいるイヴのために」 都築響一氏解説文より

「ラブドールの写真集つくってるんです」と言われて一瞬、またかという気持ちになった。話しかけてくれた青年はいかにも手づくりっぽい、赤い表紙のついた薄い写真集を取り出してみせた。「Saori」とタイトルがついているのは、オリエント工業の一番人気モデル「沙織」のことだろう。正直言ってあまり期待しないままページをめくってみると、そこにはめったに見られないラブドールの写真が載っていた。Saoriと名づけられてはいるけれど、この写真集の主人公はラブドールではなくて、ラブドールを愛するひとりの中年男なのだった。人造美女ではなくて、ラブドールと人間——沙織と中島さん——の愛の記録が、写真と文章でつづられているのだった。「南極一号」時代からたった数十年で、これほどまでに「リアル」になってしまったラブドール。その美しさ、生身の人間らしさをほとんどの写真家は捉えようとするわけだが、苅部太郎が『Saori』で見せてくれるのはラブドールではなく「ラブドール愛」だ。写真家本人がラブドールをどう見ているか、どう見せたいかではなくて、所有者/恋人/ご主人様の目にラブドールがひとりの女としてどう映っているかを、至近距離で寄り添いながら探り、確かめている、そういう過程のコレクションなのだ。

 

『Saori』の巻頭とあとがきには、「アンドロイド」という言葉を広めたことでも知られるヴィリエ・ド・リラダンの『未来のイヴ』からの引用が置かれている。万能の発明家エディソンが、失意の青年エワルド卿のために理想の人造美女「ハダリー」をつくりだすというこの物語ではクライマックス近くで、命を吹き込まれた人造美女が、ためらう青年に「わたくしは〈夢〉のなかにいる者、あなたを救いに来た〈影〉なのです」と囁きかける。こざかしい真理や理性で空虚な日常に立ち戻って、そこになにがあるだろう。「どうぞ、わたくしから目覚めないでくださいまし」と誘う人造美女に、青年はついに甘美な降伏を遂げる。「彼女は決して裏切りません。損得勘定で人を見ない。私にとって、沙織は人形以上の存在です。ただのシリコンの塊ではない。私と大切な時間を共に過ごしてくれ、人生を豊かにしてくれる理想の女性なのです」と語る中島さん。彼にとってラブドールはすでに「独身者の機械」であることを超えた「現在のイヴ」なのだが、もちろん周囲はそういう目で見てはくれない。「家族もいるのにラブドールと暮らす変態中年オヤジ」という世間の「良識」に背を向けて——LGBTのような性的マイノリティの範疇にすら入れてもらえないまま——シリコンでできた理想のかたちと人生を共にする中島さん。カメラの目はその「目覚めない美しい夢」の中に、そっと入っていき、静かに寄り添う。

苅部太郎の『Saori』は、そういう優しいドキュメンタリーなのだろう。

© 2021 Taro Karibe All rights reserved.